自己破産という選択肢

弁護士との面談から借金問題の解決策を模索するも、任意整理や個人再生など、債権者側の理解からの譲歩和解が期待出来ない、そして何よりあらゆるシミュレーションを試みるも、これ以上の返済が不可能と判断されるケースもゼロとは言えません。この場面で具体的に視野に入れねばならないのが自己破産という債務整理方法です。ちなみにこの四文字が語り示す通り、債務者が有する財産を全て放棄から管財人に委ねる代わりに、債務すなわち借金をゼロとする免責とする形での解決であり、当然全債権者の承諾が求められます

自己破産のデメリットとしては、官報にその事実が記載される、日常生活に必要最低限となる以外の贅沢品、たとえば自宅や自家用車、高額な動産などは一旦全て手放さねばなりません。また職業にも制限が生じる、旅行などの移動に際しての事前告知義務など、免責の代償とも捉えられる生活上の制限が発生します。但し選挙権を奪われるなどの誤った囁きは全て間違いであり、あくまで借金問題を一旦クリアから、新たに自身の生活を立て直す仕切り直しの第一歩と捉えるべき問題解決法です。勿論破産後に新たに自身の努力で得た収入の預貯金や動産の購入に対しては、一切の制限は発生しません。